一般社団法人 ゆったりセラピー協会 会員サイト準会員受講生セラピストインストラクター
 

第二回研究会のお知らせ

  
                
        
       2015年2月11日(水)
13:15-16:00
 
       講演 「<身>の医療とは何か」
            米国に置ける統合医療の広がりとボデイワークの果たした役割をひもとき、
          日本の医療における「触れる・触れられること」の大切さについて考察する
           
          関西大学人間健康学部教授 村川治彦氏

       
      <研究・実践発表>
       1、ゆったりセラピー実証実験の進捗状況の報告
         「寄りかかりと返し」、効果効能をどう謳うべきか

       2、セッション記録をどう残していくか
         <学術的探求と倫理的明白さのために>
         実践報告と今後の課題
         


            会場 アルカディア市ヶ谷(私学会館)
                               東京都千代田区九段北4-2-15
               
ゆったりセラピスト、ゆったりセラピストを目指す受講生の方
またはゆったりセラピーインストラクターを目指す受講生の方は

できる限り、ご参加ください。

今後、協会が目指す方向性を皆で確認・模索するとともに
ゆったりと健康に生き、死んでゆく事ができるために
どのような医療を望むのか、あるいは一人一人が必要としているのか、
利用者の立場からの「医療」の問題について、考え、掘り下げます。
また医療従事者ではない立場で、医療にどのように関わっていくべきか、
また関われるのか、加えてリラクセーションの専門家としての立場としては、どうなのか、
「触れる・触れられること」はどのように医療に貢献できるのかできないのか、
ともに考えてみましょう。
医療従事者の方々のご参加も歓迎いたします。

13:00〜 開場 
13:15〜 研究・実践発表
14:15〜 村川治彦氏ご講演



会費 6,480円 /非会員 7,560円 (消費税込み)
*会員の方向けの研究会ですが、会員ではない方のご参加もお受けしています。
ゆったりセラピーにご興味のある方、今回のテーマにご興味のある方は是非お越し下さい。

ご講演は、関西大学の村川治彦(むらかわはるひこ)先生をお招きしています。

「統合医療」とはどういうものなのか、米国における、90年代に起こった医療改革と、
統合医療の広がり、その推進力となったボディワーク<ソマティクスと位置づけられる>
の歴史的経緯をひもとき、「一人称の科学」の提唱の意味を解説します。
それらをもとに、これから進むであろう、日本における医療改革の方向性について
お聞きするとともに、
「触れる・触れられること」が医療の中でどういう貢献ができるのか、あるいはするべきか、
そしてそこで”ゆったりセラピスト”がどんな役割を果たせるのか、また果たすべきなのか、
考察します。

                                                  
村川治彦先生プロフィール  関西大学人間健康学部教授
東京大学文学部宗教学宗教史学科卒業。
カリフォルニア統合学大学院博士課程Integral Studies修了

カリフォルニア統合学大学院修士課程East-West Psychology修了。

「一人称の科学」をテーマに東西の身体技法を新たな知の在り方に結び付ける研究に従事。

日本トランスパーソナル心理学/精神医学会会長。
論文
「一隅を照らす光を集める —-オウム事件以後の一人称の
「からだ」の探求に
人間性心理学は何ができるかを問う。
心療内科医の研究団体、<身>の医療研究会の事務局を務める。


 


一般社団法人 ゆったりセラピー協会
〒154-0022
東京都世田谷区梅丘1-34-1
梅ヶ丘セントラルマンション6-A
info@bodyworkjp.org
03-5426-3360
03-5426-3361